腸内フローラ乳酸菌

ヨーグルト乳酸菌とビフィズス菌
ヨーグルトといえば、ビフィズス菌や乳酸菌といった菌が有名ですが、ビフィズス菌と乳酸菌の違いやそれらが何か理解していない方も多いと思います。
漠然と身体に良い物という程度に思っている方も少なくないと思います。
今回はこの二つの違いについてご紹介致します。

 

まずビフィズス菌は、人や動物の腸内に住む、体内で最も多い菌で、私たちの身体の中には必要不可欠は存在です。
人や動物の腸内には約1〜10兆ものビフィズス菌が存在すると言われています。
ビフィズス菌がもたらす効果としえは、主に整腸作用があげられます。
腸内を整えることで便秘予防にもなりますし、がん予防にもつながります。

 

一方乳酸菌とは、糖を利用することで乳酸などの酸をつくりだす細菌をまとめて乳酸菌と呼びます。
乳酸菌には3種類あります。
身体に有用な働きをする善玉菌,
身体に悪影響として作用してしまう悪玉菌,
どちらでもない日和見菌の3種です。
よく乳酸飲料などの広告に用いられる乳酸菌はもちろん善玉菌に乳酸菌です。
しかし、乳酸菌はビフィズス菌よりも1/00〜1/1000程少なく体内に存在します。
ビフィズス菌の方が人や動物の体内には生きやすいのでしょう。

 

そんな乳酸菌はアトピー性皮膚炎の改善に効果をもたらすと言われています。
また、インフルエンザや風邪の予防にも効果的だと言われています。
乳酸菌はヨーグルトなどの他にもお漬け物などにも含まれるとされています。

 

乳酸菌とビフィズス菌の効果や違いを少しでも理解して頂けたでしょうか。
大きく分けると整腸効果を望むならビフィズス菌の入ったヨーグルトを、
風邪予防などの効果を望むなら乳酸菌入りのヨーグルトを。
ご自身の用途にあわせて、上手に善玉菌とおつきあいしていきたいですね。

 

乳酸菌 食品 なら腸内フローラ ヤクルトが有名
みんな飲んでるヤクルトが安心と言える